ACスポンジPのTOPイメージ
 
ACスポンジP写真

ACスポンジPはさまざまな製造工程における絞りや水分転写などに対応する親水性多孔質体です。PVA(ポリビニールアルコール)を化学反応させ成型されたスポンジで、優れた吸水、保水機能とソフトな風合い、弾性を兼ね備えております。
また弊社では電子半導体分野でのニーズに応えるべく、スポンジ自体の洗浄力を高めたクリーン品や高寸法精度品も製造しております。

 
基本物性

項 目  物性値 
引張強度(kPa) 420
伸張率(%) 250
空孔率(%) 90
保水率(%) 1100
平均気孔径(μm) 150
耐熱温度(℃) 60

(注) 基本物性の数値は参考値であり、保証値ではありません。

 
 
 
 
 
 
 
特徴紹介
  1. 親水性が強く、抜群の吸水力、保水力を有しています。
  2. 吸水時にソフトな弾力性を有するため、ワークを傷つけません。また、ワーク表面の凸凹に追従するので吸水むらがありません。
  3. 一般的な繊維素材の様な基材の脱落がありません。
  4. 耐摩耗性が高く、耐薬品性に優れています。
  5. 連続多孔質体であるため抵抗が少なく、ろ過性に優れています。
  6. 溶出物が少なく、化学的にクリーンな素材である為、対象物への影響が殆どありません。
 
用途紹介
  1. 板ガラス、自動車用ガラス、ガラス製品の洗浄後の吸水
  2. プリント基板、リードフレーム、フォトマスク、液晶ディスプレイ用基板の洗浄後の吸水
  3. フィルム、プラスチック、プレート類の洗浄後の吸水
  4. タイヤ、マットの吸水
  5. 食品加工、包装、レトルト食品など製造時に付着した水の吸水
  6. 各種水溶性接着剤、塗料、静電防止剤等の加湿・塗布
  7. ろ過材
 
製品規格
製品規格図

最大寸法
A:500Ф、B:5500mm まで製造可能

芯金の材質としては、塩ビパイプ、ステンレス芯、アルミパイプ、カーボン芯などが 使用されますが、いずれにおいても接着する事が可能です。
また弊社ではお客様のご要望に応じ芯金からの作製も行っております。

 
使用例
   
使用例図
使用上のご注意
   
  1. 乾燥の防止
    この吸水ローラーは、乾燥すると硬化する性質があります。硬化した場合は、水または60℃以下のぬるま湯で揉みほぐしてください。
  2. 汚れの防止と洗浄方法
    この吸水ローラーは、対象物や吸水した水が汚れている場合に汚れも付着する性質があります。また油や接着剤が付着しますと吸水性能を低下させますのでご注意下さい。なお、汚れた場合一般的には清水で揉み洗いすると取れますが、汚れのひどい場合は、中性洗剤を100〜500倍にうすめて洗浄して、その後よく水洗いして下さい。漂白剤、ABS系洗剤は使用しないで下さい。
  3. その他
    一般的には出荷時に防黴処理がしてありますのでご使用前に使用水で洗浄して下さい。
     
耐薬品性
   

薬品名 ACスポンジP 薬品名 ACスポンジP
硫酸(5%以下) アセトン
塩酸(3%以下) メチルチルケトン
硝酸(1%以下) ベンゼン
燐酸(5%以下) トルエン
酢酸(1%以下) キシレン
フッ化水素酸(5%以下) テトラハイドロフラン
シュウ酸(5%以下) n−オクタン
クエン酸(10%以下) トリクレン
水酸化ナトリウム(5%以下) 四塩化炭素
水酸化アンモニウム(10%以下) 二硫化炭素
過酸化水素(5%以下) アニオン系合成洗剤
メタノール ノニオン系合成洗剤
エタノール 鉱物油
イソプロパノール 動植物油
フェノール ×
判定
○:使用可 △:条件により使用可 ×:使用不可
エチルエーテル
酢酸エチル
【備考】
  1. 耐薬品性の評価は、室温にて24時間浸透試験による判定です。
  2. 使用条件により製品への影響が異なりますので、使用前に必ず実用実験での事前評価をお願いします。
     
    --> お問合せフォーム
--> お電話 077-598-5580
     
Copyright (C) 2007 AC_CHEMICAL All rights reserved